呼吸の生理学

大阪府河内長野市にある

予防医学に特化した整体サロン&ピラティススタジオ

 

リハティスプラス代表 心と身体の温活セラピスト 乾亮介です

 

医学的な難しい話も、できる限り、多くの方に解り易く伝えたいと思っています。

 

今回は「呼吸」についてのお話しを少ししたいと思います。

 

 

呼吸の基本で知っておきたいこと

 

呼吸については東洋ではヨガや武道において心身のコントロールをするために重要な位置づけにあるだけでなく、西洋医学においても呼吸はリラクゼーション効果があるとされ、姿勢とも深く関わっており沢山の研究がなされています。

 

この呼吸は医学的にも生理学的にも重要な意味があり、私たち人間の生命活動において呼吸はなくてはならないものというのは皆さんご存知かと思います。

 

ワッサーマンの歯車

 

 

この図はワッサーマンの歯車といって、とても有名な図なのですが、ご覧の通り一番右端に書かれているのが『呼吸』ですね。

 

 

解り易くいうと大気中の空気から酸素のみを取り込み、その酸素によって身体の各細胞がエネルギーをつくり私たちは活動できるのですね。

 

なので、水と同じく私たちは呼吸しないと生きていけないわけです。

 

 

これを少し詳しく、図を用いて解説したいと思います。

 

歯車の右側から左側に進み、左側から折り返し、右側に戻ると思って読んでみて下さい。

 

 

息を吸う ⇒ 大気中から空気を取り込む ⇒ 肺で空気から血液中に酸素を取り込む

 

⇒ 心臓が血液を身体に循環させることで酸素を各細胞に届ける

 

⇒ 細胞の中にあるミトコンドリアが酸素を用いてエネルギーを産み活動する。

 

⇒ ミトコンドリアがエネルギーを作ると不要な二酸化炭素ができる

 

⇒ 二酸化炭素を血液に乗せ心臓の循環によって肺まで運ぶ

 

⇒ 息を吐くことで、不要な二酸化炭素を体の外に排出する

 

 

この一連の流れが『呼吸』の生理学的なメカニズムを簡単に解り易く説明したものになります。

 

なんとなく、理解できましたでしょうか?

 

因みに、一番左端の歯車が「筋」となっていますが、これは各種臓器の細胞に置き換えてもらってもいいと思います☆

 

ここまで簡単に呼吸の生理学的側面を解説しましたが、お分かりの通り、

 

『肺による呼吸』

『心臓による循環』

『筋肉による活動』

 

これらは3位1体であり、いずれも深く関わり合っています。

 

 

当然ながら、肺炎や、心臓の弁膜症など、『肺』、『心臓』そのものの病気があれば『筋』は衰えます。

 

一方、『足の骨折』をして、一時的に活動ができず『筋肉』を十分に動かすことができないと、循環が悪くなりそれだけで足がむくんだり、前と同じように動いても息切れをするようになる場合があります。

 

また、リハビリテーションの分野において、『心臓リハビリ』というのがあります。

 

初めて、聞くか方は皆さん口を揃えて、『え? どうやって心臓のリハビリなんかするの?』と言われるのですが、先ほどの歯車を思い出してください。

 

私たちは直接的に『心臓』を揉みほぐしたりできない代わりに、人体の中でも最もたくさん筋肉がついている下肢の運動(下肢の筋トレ)をしたり、より酸素を多く取り込むような有酸素運動(自転車こぎ等)を通して、両側の歯車を回すことで、心臓に働きかけ、『心臓をリハビリする』ことができるのですね。

 

なんとなくですが、『呼吸』や『循環』、『筋活動』といった呼吸の意義について理解して頂けましたでしょうか?

 

 

本日は以上です。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

健康な生活習慣は日々の習慣を変えることからです。

 

日々の健康生活習慣をはじめ、心と身体にとって「イイコト」「気付き」を提供できるようなメルマガを毎日配信しています。

 

日々の生活習慣は無意識にしている部分も沢山あります。

なのでその習慣を変えることは簡単ではありません。

 

 

そんなあなたに、私から心を込めた健康のためのメルマガを

配信しています(^_^)

 

さらに・・・・!!  
メルマガではFacebookやブログでは書けないようなことも?

書いています(^^♪

登録はコチラから

「心と身体をアップデートする メルマガ」 

メルマガ登録ボタン1

 

 

関連記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。