このようなお悩みございませんか?

  • 運動を始めたいけど何からしていいか分からない。
  • 自分流の運動をしすぎて関節を痛めたことがある。
  • 運動はしたいけどフィットネスクラブのペースについていく自信がない。
  • 施術をしてもらっているけど、また痛みが再発してしまう。。。
  • 慢性的に腰痛・肩こり・股関節や膝関節の痛みがある。
  • 病院のリハビリの期限後もさらに機能改善を目指したい方。
  • ピラティスを始めたいが自信がない。
  • マシンピラティスを体験してみたい。
  • スポーツのパフォーマンスをアップしたい。
  • スポーツをしているがよく怪我をするので予防したい。

メディカルピラティスで、
対処療法的な施術だけではなく、根本から身体を見つめ直し、
人生100年時代に向けて、あなたが本来持っている力を
発揮できるように、サポートします。

動きの専門家、理学療法士だからできること
他のサロン、治療院との違い

benefit01

例えばですが、肩こりや腰痛は凄い施術をして貰っても治りません
根本的な姿勢であったり、自分自身の身体の使い方が大きく影響します。
リハティスプラスでは、施術も行いますが、あくまで補完的であり、最終的にはご自身の身体(筋肉・筋膜・関節・神経)を自分でコントロールし、姿勢やバランスのよい身体の使い方を習得していただく事を目標にしています。

いくら素晴らしい治療手技、施術をしてもらっても根本的に自分自身の姿勢や身体の使い方を変えないと再発する可能性が高くなります。
例えば、リハビリの現場では施術等もすることがありますが、最終的には運動療法として筋力トレーニングやバランストレーニングなども積極的に行います。

ピラティスは一般的にはフィットネスの印象をお持ちの方が多いと思いますが、実は海外ではリハビリテーションに広く応用されており、アスリートや若い方だけでなく、シニアや高齢者の方でも積極的に行っています。

benefit02

また、私自身も長い臨床経験の中で、運動療法の重要性は理解していたつもりですが、海外で実際に導入されているリハビリテーションピラティスを体験した際に、その運動療法としての有用性を強く感じるとともに、治療だけでなく本質的な予防にも最適であると確信しました。

ピラティスは慢性の腰痛・肩こり・股関節や膝関節の痛みなどに有用なだけでなく、脳卒中の方のリハビリや、脊柱手術や股・膝の人工関節の術後のリハビリにおいてもとても最適です。

「施術をしてもらっているけど、また痛みが再発してしまう。。。」
「手術をしてもらったけど、まだ痛みが残っている、思うように動けない、、、、」

そんな方こそ、是非、解剖学や生体力学に基づいたリハビリテーションピラティス を受けて欲しいと思っています。

リハティスプラスが提供する施術・ピラティス高齢者のリハビリテーションからダンサー・芸術家・アスリートまで

リハティスプラスの紹介についてこちらで動画で簡単に説明しています(3分)

benefit03

リハティスプラスの施術やピラティスは医療現場での経験を20年以上積んだインストラクターが提供しています。
そのため運動経験がない方、これから運動を始める方はもちろん、病院で手術を受けてリハビリをしていたような方でも取り組むことができます。

また、一方でスポーツトレーナーでもある代表はアスリートへのトレーニング指導を経験する中から、より負荷の高い上級ピラティス、あるいはより発展させたコアエクササイズや各種パフォーマンストレーニングも提供しています。
クライアントの中にはダンサーや芸術家、アスリートまで幅広い方にお越し頂いています。

特に施術においては姿勢や動作分析、筋力テストを基に、筋膜リリースと加圧トレーニングを同時にしてしまう魔法のバンドと言われる「フロスバンド」を用いたフロッシングを多用します。

benefit04

このフロッシングにより、痛みの軽減や可動域の改善、をしながら弱った筋力の強化をすることで全身のバランスを整えていくことを大切にしています。

また、全身のバランスを整えるために、運動療法としてマシンピラティスを導入していることから、運動経験の少ない方、筋力や柔軟性に自信のない方でも負荷を調整しながら、自分だけでは動かせない箇所を選択的に動かし安心して快適に運動を始めることができます。

benefit05

特に初心者にとってはマシンが動きを矯正し、アシストしてくれるため、マットピラティスでは難しいフォームや動きの習得がしやすくトレーニング効率が高いと言われています。

一方でアスリートにおいてはピラティスはあくまで身体の基礎作りであり、パフォーマンスアップにはさらなるトレーニングが必要なこともあり、特に競技特性にあわせたトレーニングが必要なことから、動作分析を得意とする理学療法士の経験を活かし、スポーツのジャンル、ポジション、役割に合わせて、また身体の癖を見抜いて的確なトレーニングやコンディショニングを提供します。

リハティスプラス代表 乾の想い

サロンメニュー




その他事業について

  • other01
    セミナー・講演事業
    企業や行政など様々な場所で予防医学に基づく健康講座を開催しています。
  • other02
    執筆活動(書籍の出版・記事出稿)
    書籍の出版や雑誌、ウェブでの記事を掲載や記事の監修をしています。
  • other03
    健康関連グッズの販売
    メディカルアロマ、フロスバンドを販売しています。
  • うつぶせ1分で健康になる
  • youtube

リハティスプラス代表
乾からのメッセージ

代表乾

臨床現場の最前線にいたからこそ、予防の重要性に気付いた

私は、長年、病院で多くの患者様のリハビリに携わってきました。

病院では理学療法士は医師の診断・治療・支持のもとに始めて理学療法をします。これら医師をはじめ、看護師や薬剤師、栄養士たちと共にチーム医療をすることで、数多くの方が良くなっていく姿をみてきました。

しかし、一方で、このチーム医療やリハビリでも限界があり、十分な結果が得られないという患者様も数多くみてきました。

例えば、重度な障害であったり、難病、あるいは診断や治療が遅れたケースなどその理由は様々です。

しかしその中でも例えば、もっと早くから、私が関わっていたら、手術を免れたかもしれない、、、、
といった方も多く診てきました。

つまり、臨床経験を積めば積むほど、予防の重要性を強く感じるようになったのです。

メディカルピラティスの可能性

そんな中、姿勢改善のために海外では医療現場でも積極的に導入されているメディカルピラティス(リハビリテーションピラティス)を学び、日々実践していると今までにはない効果が期待できるという事が分かってきました。
また、私自身も運動療法の幅が広がり、時には、施術をする以上の効果を体験したこともありましたし、今までの以上に姿勢や動作の分析の精度が向上してきました。

そして、病院を退職し、地域に出て多くの方の身体をみさせて頂いていると、お客様の身体が本当に変化していくのを目の当たりにし、何より私自身が本当に楽しくサービスを提供させて頂いています。
特に不良姿勢や慢性痛をお持ちの方には効果を発揮し、施術による効果を持続させたり、やがては施術が不要な身体づくりを目指しています。

結果、姿勢や運動効率が改善することで疲れにくい身体であったり、インナーマッスルの強化や基礎代謝の向上により若々しい姿勢を手に入れることができると思います。
もちろん、身体に不調がない方でも予防として、フィットネス感覚でピラティスに取り組んで頂いても大丈夫です。
500を越えるエクササイズバリエーションに10種類以上の道具を用意しており、飽きることなくエクササイズを楽しんで頂けます。

唯一の欠点はスペースの広さ上、最大4人までのグループピラティスが限界ですが、その分、きめ細かな指導で、より質の高い動きをして頂き、正しく安全に身体を動かしてもらえる環境を提供しています。
是非、一人でも多くの方にメディカルピラティスを体験して頂き、自分の可能性を最大限に引き出して頂きたいと思います。

サロン情報

サロン情報

〒586-0039
大阪府河内長野市楠ケ丘9-6
〇駐車スペース1台あり
〇三日市町までの車送迎あり
■営業時間
火~木:9時~21時
土:9時~19時
月・金及び日・祝:休み

リハティスプラスの詳細はこちら

PAGE TOP