腸内細菌は免疫の司令塔

大阪府河内長野市にある

予防医学に特化した整体サロン&ピラティススタジオ

 

リハティスプラス代表 心と身体の温活セラピスト 乾亮介です

 

 

医学的な難しい話も、できる限り、多くの方に解り易く伝えたいと

思っています。

 

さて僕の信念の中に『人間本来の自然治癒力を引き出し、

健康な身体を得るためには体質改善が重要であり、

そのためには日々の生活習慣が大切ですよ』というのがあります。

 

 

そして今日は体質改善でも重要な腸内細菌について

少しお伝えしたいと思います。

 

 

 

免疫力の70%は腸内細菌が決める!!

 

腸内細菌

 

 

何故、腸内細菌や腸内環境が大切なのかという理由の一つに

この免疫力があります。

 

私たちの身体には、細菌やウイルス、有害物質が侵襲してくると

それを排除しようとする免疫システムがある事はご存知かと思います。

 

通常、健康な人でも体内では毎日3000~5000個ものがん細胞が

生まれているというのはきっと聞いたことがあるかもしれませんね。

 

でもなぜすべての人に病気が発症しないのかというと、がん細胞

などの有害な細胞や菌などを攻撃したり、破壊したりする免疫細胞が

働いてくれているからなんですよね。

 

 

逆に、がん細胞や細菌、ウイルスに侵されてしまうのは、

この免疫細胞の働きが弱るからとも言えます。

 

 

この免疫細胞は体内を見回り、病原菌やがん細胞を見つけては、

やっつけてくれているのですが、実はこの免疫細胞の70%は

腸内細菌によるものであると言われています。

 

となると腸の働きが弱まると免疫力も下がり、

がんなどの病気やアレルギーを引き起こすことにもなる

ということなんですね。

 

 

自然治癒力を高めるという視点

 

人間が病気になるのは、病原菌であったり、感染やあるいは

遺伝子など原因があるからというのは現代医学では当然

かもしれませんが、

 

一方で今述べてきたように、免疫力が低下することによる、

自然治癒力の低下によって病気になるとも考えられます。

 

 

何故なら、今はやりのインフルエンザでも、かかる人、

かからない人の違いはこの免疫力の違いがあるからでは

ないでしょうか?

 

 

例えば毎年のこの時期になると猛威を振るうインフルエンザ

ですが、学級閉鎖とかになるということは、そのクラスには既に菌が

蔓延している可能性があります。

 

 

その状況でインフルエンザになる子とかからない子の差は

何かというと・・・

 

手洗いうがいを徹底できているかどうか?

 

というのはあるかもしれませんが、

 

根本的には免疫力の違いがあるからではないでしょうか?

 

 

そうです、現代医学は原因の追究、治療にどうしても

フォーカスしがちですが、そもそも免疫力を挙げて、

自然治癒力を高めるという視点ももっと大切ではないでしょうか?

 

 

そう考えると日頃からの腸内細菌の働きを強める

いわゆる「腸活」なるものが必要になるのではないでしょうか?

 

 

ということで今後もこの「腸活」についてもまた色々な記事を

更新していきたいと思います。

 

 

また、もしまだ読んでいな方はこの記事も読んでみて

下さいね。

「健康と栄養と腸内環境の話」http://namimail.net/archives/805

 

 

それでは今日はこのくらいにしたいと思います。

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

健康な生活習慣は日々の習慣を変えることからです。

でも、一人ではどうも続かないという方は是非、

コチラのメルマガ登録をお薦めします。



「心と身体をアップデートする メルマガ」

 

と題しまして、 心を元気にさせてくれる話やエピソード

だけに限らず、 私の専門分野である「身体」に関する

お役立ち情報を お伝えするメルマガです。

日々の生活習慣は無意識にしている部分も沢山あります。

なのでその習慣を変えることは簡単ではありません。

そんなあなたに、私から心を込めた健康のためのメルマガを

配信しています(^_^)

 

 

さらに・・・・!!  
メルマガではFacebookやブログでは書けないようなことも

書いています(^^♪

 

 

ご興味のある方は登録してみてください。

(変な広告なんかはありませんよ!)

 

 

「心と身体をアップデートする メルマガ」 登録はコチラから

メルマガ登録ボタン1

 

 

 

 

関連記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。